ばやしの勉強部屋

25歳男性の勉強全般に関する日記。英語系が多めです。

第298回(2022/7/24 午前)TOEIC公開テスト 備忘録

先月に引き続き、第298回TOEIC公開テストを受験してきました。

試験に挑まれた方々はお疲れ様でした!!

 

昨日は、大学生時代に何度もTOEIC受験してきた地(つくば)を訪問し、懐かしんできました。

当記事では、時系列順に受験の備忘録を綴っていきます。

 

 

全体の構成

Ⅰ. 自宅~会場

Ⅱ. 受付~必要事項記入~試験直前

Ⅲ. 試験の手応え

Ⅳ. おわりに

 

 

Ⅰ. 自宅~会場

自宅からつくばまでは、最短で2時間弱かかります。

試験当日の負担を減らせるように前泊するため、土曜日に自宅を出発。

 

池袋で散髪後、つくばエクスプレスの起点秋葉原駅へGO。

TXの爆速運転は清々しい気分にさせてくれます。笑

17:30頃、終点つくば駅に到着。お久しぶり~

 

スーパーから住宅までの自動配送ロボットを発見。

市街地には広大なペデストリアンデッキが整備されており、これらの機械が走行しやすい環境になっております。

 

その後市内某ビジネスホテルに宿泊。

広々とした部屋で、快適に過ごすことが出来ました。

体力的な疲労のあまり、23時前には就寝。

 

翌朝7:30頃に起床。途中で何度か目を醒ましたものの、前回の試験よりも長時間の睡眠を確保することが出来ました。

寝不足感があまり無い状態で試験直前を迎えることができ、嬉しく思います。

(良質な睡眠がとれたことで、朝方にカフェインを摂取する必要がなかったのは大きな利点でした。前回の試験ではエナジードリンクをがぶ飲みし、リスニング終了直後に強烈な便意に襲われました。汗)

 

受験に最低限必要なもの(筆記用具・受験票・腕時計・運転免許証)・貴重品の忘れ物が無いか念入りに確認し、会場へ向かいました。

十分に眠ったためか、足取りが軽かったのを覚えています。

 

ここで、会場到着までに撮影した写真をいくつかお見せしたいと思います。

 

つくば駅の南側では、7/22~24にかけて「つくばクラフトビアフェスト」が開催されていました。私の場合現在お酒は飲めないため、ほぼ素通り状態になりましたw

 

全国各地から集められた様々な種類のビールを味わうことが出来るようです。

 

ひたすら南に歩き進めます。会場まではあとわずか。

学生時代は、このような道を毎日のように自転車で走行していました。

今となっては、良好な走行環境が恋しいです。

 

会場に到着。懐かしい…!!

広大な1階ロビーにて、噴き出る汗を拭いながら受付開始まで待機。

 

 

Ⅱ. 受付~必要事項記入~試験直前

 

受付にて受験票と身分証の情報の一致を確認頂いた後、試験室に入っていきます。

200人程度が着席可能な超大会議室で、スピーカーが室内に4箇所も設置されていました。

また、机上で使用可能な空間が前回より圧倒的に広く、非常に楽ができました。

 

 

Twitterにて選手宣誓。

 

試験前の説明が始まる前に、解答用紙の必要事項に予め記入。お手洗いも済ませておきました。

 

以下、試験直前メモ(Twitter)です。

 

9:55、定刻通りに試験室の扉が閉まります。

その後すぐ、リスニングの音量確認・携帯電話の電源オフ・本人確認を進めていきました。

今回も熱中症予防の観点から、試験中の水分補給OKとのアナウンスがありました。

 

問題用紙が配布され、試験開始まで待機。

「過緊張」とまでは言えないものの、心拍数は安静時の2倍程度あったかもしれませんw

 

 

Ⅲ. 試験の手応え

 

Listening

私が受験したフォームは、「男性が桟橋の上でスマホをいじりながら座っている」写真のものです(A man is resting on the dock. だった記憶)。

 

各パートの難易度(公式問題集5との比較で、私の主観)は、Part1同レベル・Part2~4激難でした。

やはり最近のリスニングは、受験者泣かせの回が多いのかもしれませんね・・・

 

Part2については、後半部分に間接応答が非常に多く難儀しました。消去法で解いた問題が何問あったことか・・・苦笑

Part3,4は、問題用紙に印字されている選択肢から相当言い換えられた表現が高速で流れてきたため、ペースを何度も乱されてしまいました。答えの根拠部分はどこか…?と耳を澄ませて聞いていたところ、気付けば読み上げが終了していたものが3~4セットはあったと思います。

 

仮に6ミスまで許容されたとしても、勘が相当冴えていない限り満点は厳しいように感じました。

 

公式問題集は勿論大切ですが、比較的ハイレベルな音声に慣れ親しんでおく必要性を、身をもって実感したものです。

 

Reading

各パートの難易度(公式問題集5との比較で、私の主観)は、以下の通りです。

Part5やや難・Part6同レベル・Part7(SP)同レベル・Part7(MP)やや難

 

以下、覚えている部分のメモです。

Part5でodorという単語が出てくるのか・・・と少し面食らいました。Twitterでも話題になっていましたね。

また、文法問題でdedicated / dedicatingのいずれを選ぶべきか迷ったものがありました(それ以外は品詞を考慮するとあり得ない)。dedicatedが答えのようで、無事正解できました。

 

Part7(MP)にて、「お母さんの席番号はどれでしょう?」の問いには笑いました。正答は問題なく選べたと思います。

また、調整さんのようなWEBツールの回答画面を見て、「●●さんは何日に出席希望ですか?」といった問題に答えるものもありました。表にチェックが付いた日付を選べばよいと思ったのですが、それでは余りに根拠が単純すぎないか…?と少し不安になっています。

 

前回よりは持久力が高い状態を維持した状態で試験終了を迎えることが出来たと考えています。1分残しで全問題に回答して終了しました。

 

(参考)試験中の時間配分

Part5→11:07~11:14(7分)

Part6→11:14~11:22(8分)

Part7(MP)→11:22~11:52(30分)

Part7(SP)→11:52~12:21(29分)

マーク漏れチェック→12:21~12:22(1分)

 

 

. おわりに

今年の中では最も良好なコンディションで試験に臨むことができ、幸いに思っております。来月も良い体調で受験したいものです。

前回同様、翌月の公開テストに向けた学習メニューを練る予定ですので、近日中に当ブログ上にて記録する予定です。

 

改めまして、受験された方々はお疲れ様でした!